Office365 32bit/64bitを選択してインストールする方法

Uncategorized
スポンサーリンク

Office365を契約したのですが、インストールするとなんと自動で64bit版が選択されます
しかもすべてのアプリが自動でインストールされるので、必要ないものまでインストールされます
なので今回は明示的に32bit/64bitを選択し、不必要なアプリを除外する方法です

ちなみにですが、Microsoft365からOffice365に名称変更したみたいです

◆準備するもの
Office Deployment Tool
※リンク先:https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49117

◆手順
①ダウンロードしてきたファイルを展開します

利用規約が表示されるので同意にチェックを付けてContinueをクリック

保管場所を聞かれるので任意の場所に保管します
私は新規フォルダを作成し、D:\Office に保存しました

②設定ファイルの作成

メモ帳を起動して下記の内容をすべて貼り付け、configuration.xmlとして保存します

<Configuration>

  <Add OfficeClientEdition="32">
    <Product ID="O365ProPlusRetail">
      <Language ID="ja-jp" />
      <ExcludeApp ID="Publisher" />
    </Product>
  </Add>

</Configuration>

・Add OfficeClientEditionの箇所で32bitまたは64bitを選択します
 今回は32bitになっておりますが、64bit版が必要であれば「64」と入力します

・ExcludeApp IDの箇所では必要のないアプリを記載します
 今回はPublisherが不必要なので記載しています
 ちなみに他のアプリは下記のように記載します

③インストール

インストールはPowerShellからコマンド入力で実行します
PowerShellを起動したら、下記コマンドを入力して実行します

D:\Office\setup.xex /configure D:\Office\configuration.xml

実行するとOfficeのインストールが始まります

インストールが完了した後にOfficeを確認すると、32bitとなっています
また、今回はPublisherがインストールされていないことも確認しました

◆参考
Office 展開ツールのオプションの構成

これから64bitが主流になっていくと思いますが、32bitでしか実行できないAccess等はいかがしたものか・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました